只見へ草刈りに行ってきました

2020.06.27 Saturday 21:21
0

     木金の1泊で、只見へ草刈りに行ってきました。出かける時に小雨が降っていたので、草刈り機を持って行くのを断念し、ご近所の小林さんに借りることにしました。埼玉を出た時には雨降りでしたが、只見に着くころには雨が上がりお日様が顔を出してきました。
    早速、草刈り開始、妻は部屋の掃除をはじめます。草刈り機は、手入れが行き届いており切れ味抜群、楽しく草刈りができました。1メートルも草が伸びている中で、山ユリを見分けるのは至難の業、山ユリを4本切り飛ばし妻に叱られる。ガソリンがなくなったので終了。
     むら湯に出かける。チョット熱いけど疲れが取れます。今週から県を越えての外出が解禁されたため、千葉ナンバーや大宮ナンバーも見かけます。
     地元の水道屋さんにお風呂の修繕をしていただいたので、翌日は朝風呂からスタート。10時になるのを待って、「湯楽里」で荏胡麻とトマトのドレッシングを購入。
     帰り道に宇都宮の田中米菓に寄って、煎餅を大量ゲット。東京の問屋等の注文がコロナウイルスのせいで途絶えて、在庫処分で安売りしていました。

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

     

    category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

    只見町へ冬支度に

    2019.11.21 Thursday 23:16
    0

       先日、福島県只見町へ冬支度に行ってきました。紅葉も少し見ることができました。夕食は、「森の分校ふざわ」でいただきました。地元のおばあちゃんたちがつくってくれた現地調達の材料で美味しくヘルシーな料理をいただきました。エプロンを着けたお二人が今日の料理当番でした。ごちそうさまでした。

      JUGEMテーマ:ぶらり旅

       

      category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

      福島県只見町へ行ってきました

      2019.05.05 Sunday 19:04
      0

        1日、2日と1泊2日で福島県只見町へ行ってきました。目的は雪囲い外しと室内の掃除です。

        只見はちょうど桜が満開でした。こちらより1カ月遅れで春がやってきます。半年間、雪に埋もれている地方では、こちら以上に春が待ち遠しいのではないでしょうか。

        行く先々で美味しい蕎麦をいただいたり、アスパラソフトに舌鼓を打ったりしています。

        2日は、急いで帰ったにも関わらず、道の駅おおとねの♪あたりめ♪のステージには間に合わず、♪マンデーズ♪のステージの後半に到着し、見事なサンタナのカバーを聴くことができました。

        JUGEMテーマ:ぶらり旅

        category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

        恵みの森で沢歩き

        2017.07.20 Thursday 15:33
        0

           今月6日から2泊3日の日程で、アラ還4人組で福島県只見町へ行ってきました。旅のメインは、2日目に予定している只見川源流の“恵みの森”の沢歩きです。3日目には、「ダーラナ・ゲストハウス」でのスェーデン料理のコース・ランチも予定しています。
           しかし、会津地方は大雨に見舞われ、旅行すら危ぶまれる状況でした。が6日には、天候が回復し、沢歩きは難しいだろうと思いながら出かけました。沢歩きは、6日夜まで催行が決まらず、翌朝、集合場所の“ふさわ森の学校”で、催行が決定しました。皆、家族から沢歩きは危険だからやらないようにと言われてきましたが、この日は朝から眩しい太陽が照り付ける快晴日となりました。
           現地に到着するとやや水嵩が増していますが、無事催行の運びとなりました。今回は、入口から2080m地点の中滝まで目指します。約3時間半のツアーとなります。入口近くのロープ場から川に降りるとひんやりとした川の水が気持ち良い。昨年秋の沢歩きで水没した私としては、誰が水没するのかという楽しみもあります。しかし、落ち葉やコケで足を滑らせた秋と違い、比較すると歩きやすく、結局、誰も水没することなく、3時間半の沢歩きが終了しました。綺麗な空気を胸いっぱい吸って、心地よい筋肉痛が残る沢歩きでした。「次は、紅葉の季節に来たいな。」
           今回は、のんびりと過ごしました。魚釣りをしたり、温泉に入ったり、山菜を採ったり、昼寝をしたり、政治談議に華を咲かせたりの3日間でした。ヴィラの外壁も見事に完了していました。会津の空の青と山の緑のコントラストが見事でした。

          JUGEMテーマ:ぶらり旅

          category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

          奥会津へ行ってきました

          2016.08.18 Thursday 23:41
          1

           先月末からほぼ1か月、夏風邪および夏バテで夏眠(冬眠)状態でした。少しづつ復帰したいと思います。
           さて、昨日今日と所用で福島県只見町へ行ってきました。ついつい欲が出て金山町の「妖精美術館」まで足を延ばしました。来月、アイルランドへ妖精を探しに出かけるので、その前に行きたいと思っていました。金山町は妖精の里と言われています。森と湖、川、いで湯に恵まれた「奥会津かねやま」、妖精たちに出会えるかもしれません。
           帰り道に寄ったのが、「玉梨とうふ茶屋」。地元産の青ばと豆(枝豆)と奥会津百年水でつくられたとうふ「青ばととうふ」と「ジャンボ生揚げ」をいただきました。値段は少々高めですが、納得の味。行った甲斐がありました。
           ついでに、関東「道の駅」&東北「道の駅」スタンプラリーもやってきました。

          JUGEMテーマ:ぶらり旅

          category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

          「片足」にしておけば良かった

          2015.11.10 Tuesday 23:49
          0
             
            JUGEMテーマ:ぶらり旅
             今月16、17日に予定していた福島県只見町での冬支度が、主人(妻)の都合で3日の日帰りとなりました。只見へ行ったらあれこれやろうと考えていましたが、すべて断念。残念。
             いつもだったら、南会津町の「ゲストハウス・ダーラナ」に予約をしてスカンジナビア料理のコースに舌鼓となるのですが、当日の昼食は、これです。道の駅たじまで「天ぷらそば」。(これも美味しんですけどね。)

             紅葉は塩原あたりが見事でしたね。運転していたので、写真を撮り損なってしまいました。
             田島町のいつものリンゴ園でリンゴを買って、「布沢日月庵」(妻が命名)へ向かいます。途中、ドライブイン・カネマン茶屋へ上河内SAで買ったお土産の「宇都宮餃子」を届ける。 
             紅葉で塩原が混んでいたので、「布沢日月庵」に着いたのは、13時過ぎ。大急ぎで雪囲いを取り付けて、滞在時間は1時間30分と、最短時間を更新する手早さ。...

             冬の雪下ろしを頼んでいる堀水道さんといつも草取り等でお世話になっているご近所の小林さんにお礼と冬のお願いをして、帰路につきました。
             帰りは遅くなってもいいと覚悟を決め、「道の駅山口温泉きらら289」で温泉に入り、ついでに夕食もとなりました。
             「わらじソースかつ丼」というのが気になって、もう一つはラーメンを注文し、シェアしようとなりました。そして、出てきたカツを見て驚きました。どんぶりからはみ出ている大きなカツが2枚。まさにわらじのような大きさ。旅の途中でわらじを脱いで、こんな大きなわらじを食べることになるとは?これをシェアしても1枚食べるのは大変。やっとの思いで食べ終わって、気付きました。「片足」にしておけば良かったと。そうなんです。「わらじソースかつ丼・片足」というメニューがあるんです。これだとカツが1枚なんです。もっと早く気付けば良かったけど、「片足」って中途半端な感じで頼みにくいんだよね。
             こんな事件(?)もありましたが、温泉にゆっくり浸かったせいか。帰りのドライブは快適でした。夜のドライブって、結構好きなんです。


             
            category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

            南会津町「ゲストハウス・ダーラナ」

            2015.05.16 Saturday 22:55
            0

              5月12日、福島県南会津町の「ゲストハウス・ダーラナ」へ行ってきました。

               

              ゲストハウス・ダーラナのコース料理の紹介です。
              外観

              ドリンク
              期待に胸が膨らみます。

               

              いよいよ料理が登場します。
              ホカホカの焼き立てパン(食べ過ぎると前に進めなくなります)
              前菜
              前菜の続き

               

              いよいよメインに入ります。
              グリーンピースのスープ(旬のアスパラが買い占められて手に入らず)
              サーロインステーキ(満腹感でおなかが膨らみます)
              3デザート(甘くなくて美味)

              以上、料理名を憶えられないグルメ・レポーターの参考にならないレポートでした

              JUGEMテーマ:ぶらり旅
              category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

              雪囲いを外してきました

              2015.05.15 Friday 15:24
              0
                JUGEMテーマ:ぶらり旅
                 11日から2泊3日で、福島県只見町の布沢日月庵(妻が命名)の雪囲い外し&大掃除&諸々の用事をしに出かけてきました。
                 11日(月)昼12時過ぎに自宅を出発、現地の東邦銀行とJAへの入金をしなければならず、急ぎの旅となりました。昼食は、上河内SAで軽く済ませ、何とか銀行が開いている時間に南郷村(現南会津町)へ到着することができました。入金を済ませた後は、道すがら、冬の管理をお願いしている水道店で管理料を支払い、区の会計を担当されているKさん宅で、区費と共同テレビの受信料を支払いました。これでこの冬の支払いは完了です。
                 途中、那須塩原で給油しましたが、高いですね。リッター147円でした。(久喜では129円)
                 さて、庵へ到着すると大掃除のはじまりです。私は家中の掃除機かけからスタート。冬の間に、たくさんの虫たちが防寒のために集まってきます。これを片付けるのが大変です。妻は、持参した球根を庭先に植えています。

                 一仕事終えたところで、今夜の夕食&入浴のため、「季の郷 湯ら里(ときのさと ゆらり)」へ、温泉にゆっくり浸かり、今日の疲れを落とします。湯ら里のロビーでは、何と北川辺の画家、いいづか英孝さんの個展が開かれていました。いいづかさんは、会津の自然に魅せられて只見町の四季を描かれています。渡良瀬遊水地の絵も一緒に展示されていました。ご本人にお会いできなかったのは残念です。個展は5月8日から6月7日まで開催されています。お楽しみの夕食です。妻は手打ちそば膳、私は湯ら里田舎定食でしたが、期待外れでした。湯ら里さん頑張って!
                 庵へ帰ってもテレビはないし、やることもなし、購入したばかりのスマホをいじっていたら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。お休みなさい。
                 翌朝、私は得意の朝寝をしてしまいましたが、妻は早起きをして何かをしているようです。私は、朝風呂に入るため、風呂場掃除をはじめました。朝風呂に入り、昨日の続きの掃除をしていたら、あっという間に11時になってしまいました。(私は朝食抜き)今日のランチは、昨日予約をしておいた「ゲストハウス・ダーラナ」(南会津町)まで出かけます。予定より早く着きそうなので、夕飯のおかずを買うため、南郷の町をぶらり、そして、美味しそうなケーキ屋さんを見つけました。ケーキを2個と、焼き饅頭、黒糖羊羹を購入。気になったのは、酒粕プリン700円、高―い。誰が買うのか。後で聞いた話では、評判の店らしくて、地元酒蔵の花泉酒造のお酒を使っているとのこと。次の機会には、ぜひ食べてみたい。

                 さて、ダーラナGHのランチは、今回の旅の目的のひとつでしたが、今回も期待を裏切らない美味しさでした。満足満足。(詳細はのちほど報告します)
                 さて、本日の午後は、別行動、妻は昨日の続きの球根植えを、私は「たもかく(只見木材加工組合)へ」。たもかくは、庵の土地を購入(建築も)した会社です。当時の住所の鷲宮町から住所変更をしておらず、書類が返送されていたようです。たもかくのKさんが、庵まで訪ねてきた時に、「関口さんは交通事故にあった。」とか「7〜8年、来ていない。」等のデマ(笑)があり、私との連絡を諦めかけていたところ、偶然に電話番号を知っている人に出会い、電話をかけてこられました。「住所変更したいので、免許証を持って来い。」ということでした。で、今日、出かけたのですが、実は、Kさんとは昨夜湯ら里で会っているのです。Kさんは気づかなかったと思うのですが、その時は、お互い裸でした。10数年ぶりに会うのに、裸では声をかけづらかったのです。
                 さて、Kさんと会うのは何年ぶりだろう。確か土地を購入したのが、1992年でしたから、出会いからは、23年も経っています。で当時は、田舎暮らしブームでした。私たちが「たもかく」を知ったのは、「田舎暮らしの本」という雑誌でした。Kさんは、「本と森を交換しよう」という活気的な事業を起こし、1大ブームを巻き起こしました。集まった本で「たもかく本の店」を開店しました。当時は、ブックオフもアマゾンもなく、古本屋さんがトラックで仕入れに来たそうです。ブックオフも開店当初は、トラックを連ねて、仕入れに着たそうです。最初の10年は盛況だったそうですが、後の10年はアマゾンやブックオフができ、厳しい状況のようです。今は、本のまとめ買いに来る人もなくなり、ネット・オークションにも出品しているようです。
                 世間話にも花が咲き、ダーラナGHやカネマン茶屋の話、そして外国人妻の話では、タイ人妻は地元に溶け込んで静かに生活しているが、中国人妻は、日本国籍を取得すると仕事を求めて都会へ行ったり、離婚して自立してしまうということでした。さすがに逞しいですね。でも置いて行かれた男の方は可愛そう。
                 私は、本の店も覗いてみました。静かな店内に店員一人に客は私一人でした。本の棚を隅から隅まで見て、DVD5枚1000円、文庫本10冊1000円、その他単行本3冊(定価の半額+株主割引―10%)を購入。2時間近くいましたが、他に来客はありませんでした。ちょっと寂しい気分で、降りだした雨の中を庵へ戻りました。
                 今夜は外出せず、夕食&入浴は庵でとることにしました。夕食は、山菜の天ぷら、会津豆腐、のかんぞうのおひたし、金華さば、そしてモンブラン・ケーキ(絶品!)。湯ら里の定食より、こちらの方が美味しい。ごちそうさまでした。
                 この夜もスマホをいじっていたら、ついに電池切れ。お休みなさい。翌朝は、4時30分に目覚めてしまい。5時起床、窓の拭き掃除をはじめる。今日は早出の予定。今夜、妻が商工会の会議に出席すること、そして、鬼怒川に来ているIさんと塩原で12時に会う約束があるため。
                 庵を出発したのは9時。途中、ドライブインカネマン茶屋で、清酒「花泉辛口」を3本購入。友人の依頼品。
                 午前11時半近く、待ち合わせたIさんに、ご近所からいただいた山菜を分けて、Iさんたちと別れました。
                 今回の旅の次の目的は、宇都宮の田中米菓で煎餅を買うことです。塩原から高速を使って
                約30分、田中米菓に到着、無事に煎餅を大量ゲットし帰途につきました。
                 以上、大忙しの只見ツアーでした。


                 
                category:只見 | by:j-k-nolencomments(0) | -

                PR
                Calender
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                27282930   
                << September 2020 >>
                Selected entry
                Category
                Archives
                Recent comment
                Recommend
                Link
                Profile
                Search
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered
                無料ブログ作成サービス JUGEM